だんだんジェネレーションギャップを感じる歳になることに気づきます

みなさん、こんばんは!救急救命士というなんとなくかっこいい職業をしているユウナです。

最近の悩み。それはボディラインが崩れてきたこと。子供を産んで早19年。もはや体のラインがダルダルに崩れてきました。しょうがないとあきらめていたのですが、先日、年甲斐もなくプールに行くことになり改めて自分のボディラインを見るにつけ、『どげんかせんといかん』と思ったしだいです。

救急救命士ってくらいだから体は鍛えていますが、ヒップから太もものラインがだらんと崩れた感じは否めません。そういえば先日こんなことがありました。

 

大学生の息子と小学生の娘の話を聞いていて笑ってしまいました。
「トゥギャザーしようぜとかさ、知らない?」と息子。
「何それ」と冷たい娘(笑)
どうやら娘はルー大柴さんを知らないらしく、息子にとってはその事実が衝撃的であるらしいです。
「えーーっ、ルー大柴をしらんのかぁ…」
ジェネレーションギャップを身近な所で感じてしまったのだね、息子君。
彼にしてみれば、今年初めて夏の高校野球に出場している高校生が皆、自分より年下なのだと気づいた時点で一つの山を越えたんですわね。みんな通る道だよ、息子君(笑)
そのうち、だんだんTVで見る人でもなんでも年下が多くなってきて、がーん、がーん、がーんってショックの連続になるのだから、諦めなさい。
私の母も、よく私に「○○を知らないの!?」と、いかにも私が常識を知らないみたいな言い方をしてきたものだけど、今にしてみれば私は母とは世代が違うのだから、彼女にとってのスターを私が知らなかったからといって、それは何もわたしがものを知らないということではなかったのだし、もっと言えば、「私はあなた(母)と違って若いんだから」と言ってやっても良かったのだと、今にして思いますね。まったくもう。